DOBOOKS公式ブログ 同文舘出版

パブリシティ紹介

2017年01月16日

『女性管理職の教科書』の著者、小川由佳さんのインタビュー記事が京都新聞に掲載!

1月14日付の京都新聞に、

仕事にも人生にも自信がもてる! 女性管理職の教科書の著者、

小川由佳さんのインタビュー記事が掲載されました

京都新聞取材記事_20170114


記事にもあるとおり男性では喜ばれる出世も、
女性にとっては部下との付き合い方や、
出産・育児といったライフイベントと両立できるのか、
悩まされてしまいがち。

小川さんはこの本に、
「私には無理」と感じてしまう女性の背中を、
押すことができればという思いを込めています。

管理職になって不安になることも、
時間をコントロールできる範囲が増える、
給料が増え、
家事や通勤も代行やタクシーを利用できるといった、
解決する選択肢が増えると言います。

著者の小川さん自身、
会社員時代の30代から管理職になり、
独立後も研修講師を勤めながら、
6歳の娘を育てるワーキングマザー。
研修先で悩む女性管理職が多いことに気づき、
今までの自身の経験や、
数多くの企業研修の際に出会った事例をもとに、
管理職の心得から、
部下の育て方、
夜の会食の対処法、
チームのまとめ方、
仕事とプライベートの両立のしかたまで、
幅広い悩みの解消法をお伝えします。

管理職として悩むすべての女性に、勇気をくれる1冊です。


『採用・面接で採ってはいけない人」の見きわめ方』広告掲載

本日1月16日付の日本経済新聞朝刊1面に、

採用・面接で「採ってはいけない人」の見きわめ方
(松下直子・著)

の広告が掲載されました。

2012年の刊行から、15刷まで版を重ねたロングセラーです。
現場から「ありがとう」と言われる人を採用するにはどうしたらいいか?
人事担当者は必見です。

日本経済新聞20170116




2017年01月05日

【広告掲載】『女性管理職の教科書』&『中間管理職の教科書』

新年あけましておめでとうございます
2017年も、読者の皆様のお役に立つ本づくりを目指し、頑張ってまいります。
本年もDOBOOKS、同文舘出版をよろしくお願いいたします

さて、1月3日(火)日本経済新聞朝刊1面に

広告日経20170103



仕事にも人生にも自信がもてる!女性管理職の教科書
(小川由佳・著)

53611_女性管理職(帯あり)


と、

部下からも会社からも信頼される 中間管理職の教科書
(手塚利男・著)

53581_中間管理職(帯あり)


の広告が掲載されました。

『女性管理職の教科書』は重版が決定しました!

何の心構えも準備もなくリーダーになってしまった女性管理職の方と、

上司から厳しくされ、部下からは突き上げられる板挟みになった中間管理職の方に、

ぜひ読んでいただきたい本です。


2016年10月28日

『中間管理職の教科書』『空き家管理ビジネスがわかる本』広告掲載

10月28日日本経済新聞の朝刊1面に、

『部下からも会社からも信頼される
中間管理職の教科書』
『空き家管理ビジネスがわかる本』

の広告が掲載されました!
秋の期待の新刊です◎

nikkei_20161028

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

部下からも会社からも信頼される
中間管理職の教科書

(手塚利男・著)

…“ギスギスした職場”を変えた元・いすゞ自動車総務部長が教える、上からも下からも評価が高いリーダーのマネジメント術!
仕事ができる人は、相手が部下であっても上司であっても、うまく「協働」できる人。
同調圧力にも負けずに、ムリなく自然に、組織をリードしていく中間管理職の「うまく協働していくための知恵」をQ&A形式で解説した1冊!

53581_中間管理職(帯あり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空き家管理ビジネスがわかる本
(中山 聡 著、田中和彦 監修)

…小さな地方都市に在住しながら、空き家を管理するプロジェクトに参画し、累計200件超の管理物件を持つ著者が、空き家管理ビジネスのノウハウを初公開!
空き家管理の基礎知識から具体的な業務内容、ビジネスが成り立つ理由、キャッシュポイント、事業拡大のための指針などを図解でわかりやすく解説。

53521空き家

2016年09月14日

『一瞬で場をつかむ!プレゼン 伝え方のルール』

9月14日(水)の中日新聞 朝刊2面にドドン!と新刊広告が掲載されました

presen_koukoku


一瞬で場をつかむ!プレゼン 伝え方のルール
(ラジオパーソナリティ 森本曜子・著)

53531_プレゼン

社内外での説明、会議、スピーチ、面接……
プレゼンの場はたくさんありますよね。

そのたびに、
「焦って頭が真っ白
「自分で何を言っているかわからない
状態になる人は、少なくないでしょう。

(かくいう私も、
企画会議や、著者の方と初めて面会するときなどは
ムダに早口になっちゃったりして、後で後悔することもしばしば…

あるいは、話し下手をカバーするために、
パワーポイントや資料づくりばかりに一生懸命で、
伝えることが二の次になっている人もいるかもしれませんね。

でも、プレゼンの基本は、話し方がすべて
話し方しだいで、相手の納得・共感度はぐんと変わります。
「原稿をただ読むだけ」のプレゼンから卒業しましょう!

緊張しない話し方のコツは、「場の空気」をつかむこと!

本書では、場の空気の温め方から
相手の納得度を高める話し方のスキル、
相手の心に届く声の出し方まで、
“伝わる伝え方”のコツを「話し方のプロ」が教えます。

著者の森本曜子さんは、
東海ラジオ放送・ワイド生番組「アマチンのラジオにおまかせ」で14年間にわたり、レギュラーパーソナリティを担当。
名古屋各局多数の番組に出演し、現在も、東海ラジオ放送「らじおガモン倶楽部」に出演中のラジオパーソナリティです。

本書を読めば、いつでも、どこでも、誰とでも、
自分のペースで話せるようになりますよ!

「話すのが苦手」
「プレゼンは緊張するもの」
「あがり症は治らない」
と思っている人にこそ、読んで頂きたい1冊です。

2016年06月23日

ドアラのおすすめ本!?


東京は連日、梅雨らしい日が続いています
気圧の変化についていけない部員も・・・

※季節の変わり目に体調を崩しがちな方は、入浴後、ひざ下に冷温水を交互にかけるといいですよ!
詳しくは、脳のトリセツ』(菅原洋平・著)に!


さて、6月21日に中部圏で初の「書店大商談会」が行なわれ、同文舘出版も出典してまいりました。

愛知、岐阜、三重の書店商業組合が協賛という大イベント、なんと、そこに大スターのドアラ様がっ

そして、なななんと、
不動産取引のしくみ』(平田康人・著)
をお立ち読みに!!!(不動産に関心あり!?)

ドアラ

たちまち3刷の好調本をお手に取られるとは、さすがお目が高い

昨今、厳しい出版業界ではありますが、こうして人気者とコラボしたりして、本の良さ・楽しさを広げていければいいですね

ちなみに、弊社の営業(女性)は、肩を抱かれながら2ショットを撮ってもらったとか。かなりのイケメン対応だったそうです。う、うらやましい〜!

2016年06月07日

【6/7 日経新聞朝刊】『営業プロセス“見える化”マネジメント』


6月7日(火)日本経済新聞朝刊2面に

1枚のシートで業績アップ! 営業プロセス“見える化”マネジメント
(山田和裕・著)


の広告が掲載されました。
営業プロセス_日経_半5段(最終)JPEG


おかげさまで、丸善丸の内本店様で週間ランキング5位(5/21〜5/28)


できる営業のプロセスを標準化
    ↓
1枚のシートで見える化
    ↓
「営業の勝ちパターン」として組織で共有
    ↓
効率よく業績改善につなげる!

業績アップに悩むすべての営業リーダーにおすすめの1冊です。
 
53451 営業プロセス

2016年05月30日

【5/30 日経新聞朝刊】『営業プロセス“見える化”マネジメント』

5月30日(月)日本経済新聞朝刊1面に

1枚のシートで業績アップ! 営業プロセス“見える化”マネジメント
(山田和裕・著)


の広告が掲載されました。

nikkei0530

 
53451 営業プロセス

できる営業のプロセスを標準化
    ↓
1枚のシートで見える化
    ↓
「営業の勝ちパターン」として組織で共有
    ↓
効率よく業績改善につなげる!
 
多くの営業リーダーが業績アップという永遠の課題に悩んでいますが、かつてのように数字だけを管理し、精神論で叱咤激励するだけの古い営業管理はもはや通用しません。
本書では、営業のプロセスを標準化・見える化する「3次元プロセス分析法」の理論と実践を解説。
マネジメントから人財育成・人事評価まで、100社以上の会社のコンサルティングを通して培った、営業プロセス“見える化”マネジメントのノウハウを公開した1冊です。

2016年04月06日

【広告掲載】『売れる! 楽しい! 「手書きPOP」のつくり方』(日経MJ)


2016年4月6日、「日経MJ」2面にどどん!と広告を掲載

好評7刷! 
売れる! 楽しい! 「手書きPOP」のつくり方
(増澤美沙緒・著)


tegakipop-PR-20160406


この本の「楽しそう!」「やってみたい!」な感じが
伝わってますね

POPって、思った以上に活用しているお店や会社が多いんですよね。
プロがつくった、きれいだけど宣伝っぽいPOPが溢れる中、
見直されているのが、想いの伝わる「手書きPOP」。

出版業界でも、書店さんでの手書きPOPはもはや定番。
たくさんの「担当者おすすめPOP」や
「季節のフェアPOP」などが置いてありますよね
(増澤先生が紀伊國屋書店さんで研修をした様子はこちら!)

でも、字がうまくないし…
イラストが下手だし…
と、苦手意識を持っている人も多いみたい。

そこで、本書では、
誰でも、簡単に、楽しくPOPがつくれるコツを
増澤先生こと、まっす〜が、わかりやすく教えてくれています

お客さまの「欲しい!」につながるキャッチコピーづくり、
目立たせ&デコりテク、かわいいイラスト・文字の書き方
…などなど、思わず今すぐPOPが書きたくなっちゃう
アイデア満載の1冊です


2016年03月23日

【広告掲載】『「明日、営業に行きたくない!」と思ったら読む本』


本日、3月23日(水)読売新聞の朝刊1面です!

「明日、営業に行きたくない!」と思ったら読む本
(太田和雄・著)


明日、営業(読売新聞20160323)


営業がしんどい…



これなら訪問できるかも

に変わる具体策! 

押しの営業が苦手なのに、

四半期新規取引社獲得数4連続トップ、MVP等の表彰歴多数など、

リクルートで癸韻砲覆譴著者が、

営業の恐怖の洗礼”を乗り越える30の処方箋を教えます。

1000人以上の新人を救った「腹落ち」ノウハウ満載!
 
この春から営業になる方、入社1〜3年目でなかなか壁を突破できない方、新人育成担当の方などにおすすめの1冊です!

53411 営業に行きたくない



Twitter プロフィール
同文舘出版の公式アカウントです。
月別アーカイブ
神保町のお天気