DOBOOKS公式ブログ 同文舘出版

新刊案内

2017年06月01日

アマゾン1位☆ 『高くても売れる! ハンドメイド作家 ブランド作りの教科書』豪華プレゼントがもらえるキャンペーン開催中!

高くても売れる! ハンドメイド作家 ブランド作りの教科書』(マツドアケミ著)が来週7日より発売となります。

おかげ様で、アマゾン1位(手芸部門)
170601_1030手芸1位


豪華プレゼントがもらえるキャンペーンは明日の夜23:59まで!
amazon_0526_234-1



ハンドメイドと言えば……私もかつて、洋服の自作・リメイクにハマっていた時期がありました。
決して上手ではなく、もちろん人様に販売できるレベルには至りませんでしたが
デザインを考えて生地を選び、作り上げていく楽しさは、他では得られないものがありますよね。
生地屋さん、手芸屋さんを覗くと、心が浮き立ちます

さて、今回の新刊『高くても売れる! ハンドメイド作家 ブランド作りの教科書』には、
「高くても買いたい」「あなたから買いたい」と言われる作家さんになるための方法が書かれています。

かわいい作品が作れた!
写真をうまく撮れた!

というのは、いまや多くの作家さんがやっていること。
全体のレベルが上がったことで、
「らしさ」「世界観」のある作品・作家さんが選ばれるようになっているのです。

本書では、巻頭に
cocotteさん(レジンアクセサリー作家さん)
中しま刺繍さん(刺繍作家さん)
着物スタイルインテリア 彩姫さん(着物生地の小物作家さん)
ななついろ洋品店さん(アクセサリー作家さん)
と4名の作家さんのほか、総勢20人の作家さんの
売れっ子になる秘密を垣間見ることができます。

たくさんの作家さんのケースから、
「『自分らしさ』『世界観』のある作家さん」
「『ブランド』として成立している作家さん」って、こういう状態なんだなぁ〜
と感じていただけるはずです。

「好き」ではじめたハンドメイド。
その気持ちは絶対に欠かせないものですが、
「お仕事」として長く続けていくには、もう1段階レベルアップする必要があるんだな
という学びも得られるんじゃないかと思います。


「こんなにかわいいモノを作ってるんだから、売れるように伝えていかなきゃもったいないじゃない!」
著者・マツドアケミさんの、そんなメッセージが込められた本書を、どうぞ、お手に取ってご覧になってください
ブログはこちら

ハンドメイドマーケットサイト「minne」マーケティング担当者さんによる
「ファン作り4つのポイント」も載ってま〜す!


2017年03月20日

<新刊案内>『女性リーダーのための レジリエンス思考術』

9784495536312



(三田村薫・著)


女性リーダーが、職場での落ち込みから素早く立ち直り、元気はつらつと仕事に取り組むためのノウハウとは?


女性リーダーは、日々の仕事上で上司や部下との人間関係や重大なプロジェクトを任せられたりする中で、ストレスやプレッシャーを感じています。

特に真面目で頑張り屋な人ほどストレスを発散できず、また仕事を失敗してしまったり、意識をしすぎて人間関係がより悪化して、余計に落ち込んでしまうネガティブループに陥ります。

女性はいったん落ち込むとなかなか立ち直れません。男性とは脳の機能に違いがあり、右脳・左脳間の情報量が多いため、「拡大思考」を生み出してしまうからです。本来関係のないことでも、自分と関連づけてマイナスにとらえてしまい、出来事を大きくとらえすぎて落ち込んでしまうのです。

ところが同じようなことになっても、ネガティブな感情をうまくコントロールして、上手に回復できるレジリエンスの高い人は落ち込み続けることなく、素早く立ち直ることができます。

本書では、落ち込んでいることから抜け出せない女性リーダーに、レジリエンスを鍛えるためのさまざまなメソッド、
●そもそも落ち込んでしまう原因である価値観の洗い出し方から
●思考グセの矯正法
●ネガティブ感情のコントロール法
●なりたい自分の姿に変えていく技術
●自己肯定感をたかめるエクササイズ
などを紹介。

この1冊で、レジリエンス力を鍛えることができます。ネガティブループから抜け出しましょう。

2017年03月09日

<新刊案内>『ハローワーク 150%トコトン活用術 4訂版』

今日は新刊のご案内です。
56605ハロワ4訂版




ハロワには、“タダ"で使えるサービスが満載

□社会人・無職も大歓迎な「新卒応援ハロワ」
□みんなで一緒にがんばる「わかハロ」
□子育てママをサポートする「マザーズハロワ」
□月収40万円以上の求人も豊富な「中核人材」
□受講すれば7割就職できる「シニア講習会」
など
転職・再就職に使わないのは大損!


Q. ハロワより転職サイトが便利でしょ?

A. ネット就活は落とし穴だらけ。
学歴、職歴、年齢、性別で一瞬にしてふるいにかけられるかも。
年齢や経験面で不利な人は、書類選考で不合格の連続。
ハロワなら、100万件の求人から希望の条件をみつけられるうえ、経験豊富なアドバイザーが書類選考&面接突破ノウハウをマンツーマンで指導してくれます。

転職・再就職希望者は、本書を読んでじっくり研究しよう。

攻略法を知れば、転職・再就職が10倍ラクになる

10万部突破のシリーズ最新刊

日向咲嗣さんの“トコトン 活用”シリーズはこちら

4495556479



4495569333



4495594613


2017年02月28日

<新刊案内>『「お客様をやめさせない」スクール&教室運営の仕組み』

新刊のご案内です。

53621_スクール


『「お客様をやめさせない」スクール&教室運営の仕組み』

会員が「いつまでも通い続けたくなる」スクール運営の秘訣、教えます

現在、スクールビジネスでは集客に苦しんでいる事業所が多く見られます。
過去10年の間に、様々なスクールが増えたことも、集客が困難になっている要因と言えます。
しかし、その中でも着実に集客し、業績を伸ばしているスクールがあることも事実です。
では、着実に集客しているスクールと、集客に苦労しているスクールの違いはいったい何でしょうか。
成功しているスクールの一番大きなポイントは、「会員をやめさせない」ことです。
スクールビジネスは、会員数が減少しなければ、つまり会員がやめさえしなければ、比較的売上予測を立てやすく、コストの管理もしやすいビジネスなのです。

本書では、著者が経営コンサルタントとして、集客改善のために実践してきたことを「会員をやめさせない6つの仕掛け」としてまとめて公開!
そして、講座内容の改善・向上だけではなく、講師・インストラクターや運営スタッフに対する教育や、やめた会員を取り戻すための施策などを紹介。
退会者に悩むスクールビジネス経営者、講師の方たちに向けた集客改善法を網羅した1冊です。

会員をやめさせない6つの仕掛けとは…
仝楜劵蹈ぅ筌襯謄を上げる「ひと言」をかけよう
会員のビジョンを共有しよう
2餔目線で講座を客観視しよう
す峪佞肇好織奪佞離皀船戞璽轡腑鵑鮠紊欧茲
ゲ餔に「おもてなしの演出」をしよう
ε渡単対で有効なコミュニケーションをとろう

2017年02月09日

<新刊案内>『月10万円から! 自分もクライアントも幸せになるカウンセラーのはじめ方』

新刊のご案内です。

53651_幸せカウンセラー


月10万円から! 自分もクライアントも幸せになるカウンセラーのはじめ方
(中村 博・著)

クライアントに「ありがとう」と感謝されて、きちんと稼ぐ“幸せカウンセラー”になろう!

このブログを読まれている方で、カウンセラーになりたいと思っている方はいらっしゃいますか?

でも、

「資格が必要なんでしょ」

「カウンセリングで時間取られそう」

「今までやった経験がないし」

「仕事をしているから会社に知られたくない」

「今、住んでいるところにはなかなか人を呼べない」

と、悩んでいる方が多いかもしれません。

でも、それは勘違いなのです。

自分の強みや過去の経験を活かすことで、資格がなくても、週末や空いている時間だけでも、名前を出さなくても、クライアントに感謝してもらいながら、きちんとお金を稼いでいく“幸せカウンセラー”になれるのです。

本書では、カウンセラーの仕事の魅力から、
開業前の準備集客契約アフターフォローまでの流れを、

○週末や空いている時間で活動するしくみ

○ライバルにはない独自のサービスのつくり方

○クライアントと一緒に成長する契約メニュー

○SNSを活用した集客術

○メルマガ、LINE@でのアフターフォロー

○リピート顧客を増やすサポートの工夫

○活動を続けるための自分管理術

○プラスアルファの売上を生み出す商品づくり

といった、具体的な事例を挙げながら解説。

実績がゼロの状態から自宅で顔を一切出さない活動で、開業当初から月収100万円、年収2500万円を稼ぎ出した現役カウンセラーが、今すぐムリせず集客できて、ずーっと稼ぎ続けるしくみを丁寧に教えます。

2017年02月01日

<新刊案内>『図解 新人の「質問型営業」』

「営業はやっているうちに慣れる」
「営業は当たって砕けろ」
「営業はとにかくたくさん得意先をまわれ」
「営業は接待しろ」

と言われ、

(そんなこと言ったって…いらないって言われてるのに結局どうすればいいんだよ…)

と、上司や先輩社員に具体的なことは教えてもらえず、成約できずに悩んでいる方いらっしゃいませんか。

売り込まない。説明しない。
「質問」でお客様の欲求を高めていけば自然に「買いたい」気持ちになる!

累計10万部突破のシリーズ最新刊
図解でマスターする「質問型営業」のマニュアル・トークスクリプトの本


53491新人の質問


図解 新人の「質問型営業」』(青木毅・著)

今日は新刊のご案内です。

ところで、皆さんは営業職をやられていますか?
入社したての新人の頃だと、慣れない営業という仕事に戸惑われているかもしれません。

こんな経験がありませんか?

●飛び込み訪問で即断られる
●「今はいいです」と言われる
●どんな話を振っても反応が薄い
●なかなか結論を出してくれない
●「考えておきます」と言われる

営業先でこんな場面に出会ったら、なんと言葉を返せばいいでしょうか?(営業をやられた方はなんと言われてましたか?)

冒頭に挙げたように上司、先輩社員に言われ、結局具体的に教えてもらえず悩んでいる方
実は、あなたは「営業」という仕事について勘違いしているのかもしれません。

<<質問型営業とは?>>

売り込むのが、営業の仕事と思っていませんか?
カタログを出して商品の説明をする――もちろん、それも営業にとって大切な仕事です。

でも、お客様があなたの扱う商品に関心がないとしたら、どうなるでしょう?
興味がない話をいくら聞かされても、買う気にはなれませんよね。

売り込んでも、お客様は拒絶するだけです。

商品の説明をする前に、お客様がどんな欲求・ニーズを持っているのかを確認するのが先です。
では、どうやってお客様の欲求・ニーズを引き出すのか?
そこで使うのが、「質問」です。
お客様の欲求・ニーズを確認した上で、商品を提案するのが「質問型営業」です。

アプローチ、プレゼンテーション、クロージング、フォローアップの各段階を「質問」によって進めていくことで、
お客様が自分の意思で購入してくれるようになります。

どのタイミングで、どんな質問をすればいいか、
反論・逃げ口上にどう対応すればいいか、
すべて公開!

「新人が早く即戦力になってくれたらなぁ」
とお悩みの経営者、育成担当者の方にもお勧めの1冊です。

< #日経MJ で紹介されました>『飲食店経営゛人の問題”を解決する33の法則』

飲食店経営 “人の問題"を解決する33の法則』が本日2月1日付の日経MJ「使える読書」欄で紹介されました

4495535919


■飲食店経営者が悩む“人の問題"はすべてこの一冊で解決できる

飲食店経営をするうえで、人に関する悩みは数々ありますが、飲食店経営独特の“人の悩み"は、精神論、根性論ではない論理的な仕組みによって必ず解決できます。
本書では著者が今までの経験をもとに、研究し、体系化してきた、“悩み"を解決する実践ノウハウを、図や帳票を交えながらわかりやすく解説。
すべての“人で悩む"飲食店経営者、幹部、店長のみなさんのお役に立つ1冊です。

2017年01月31日

<広告&ネット記事掲載>『しぐさの技術』

昨日の暖かさとはうって変わって、とても寒い朝となりました
今日は31日、あっという間に1月が終わってしまいました。春が来るのも近いですね。

さて、本日の日本経済新聞朝刊に、『しぐさの技術』の広告が掲載されました。

日経広告 170131


◎自分の思い通りに伝える「身体コントロール」
◎相手との力関係を左右する「ステイタス・コントロール」

言葉に頼らず、状況にマッチした「質の高い立ち居ふるまい」をする「ノンバーバル(非言語)コミュニケーション」の実践ノウハウを、日本……いや、世界初 パントマイムアーティストで研修講師の著者が教えるユニークな1冊です。

そして
なんと、ネットでも記事を掲載していただきました

題して、『交渉上手がやっている「目に見えないマウンティング」とは?』
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170130-27473989-sinkan

netarika


トップ画像には、著者の荒木シゲルさんの姿が

記事には、「身体コントロール」と「ステイタス・コントロール」について、「マウンティング」のノウハウを、実際のビジネスシーンでどう役立てるのかを解説していただいています。

「いつの間にか、会話の主導権が握られている…」

そんな経験をしたことがある人におすすめです






2017年01月27日

<新刊案内>『飲食店経営 “人の問題"を解決する33の法則』

4495535919


飲食店経営 “人の問題"を解決する33の法則
(三ツ井創太郎・著)

飲食店経営者が悩む“人の問題"はすべてこの一冊で解決できる!

飲食店の経営者、幹部、店長のみなさんは常に“人"のことで悩んでいます。

・店長から「このお店で働いていても未来が見えない」と言われました
・アルバイトさんから、「うちのお店ってブラック企業ですか?」と聞かれました
・いくら料理長を怒っても原価率が下がりません
・なぜか、うちのお店はアルバイトがぜんぜん育たないんです
・何度言ってもダメな店長、いつ見切りをつけたらいいですか?
・自分の右腕となる幹部がぜんぜん育たないんです

……飲食店経営をするうえで、人に関する悩みは数々ありますが、飲食店経営独特の“人の悩み"は、精神論、根性論ではない論理的な仕組みによって必ず解決できるのです。
本書では著者が今までの経験をもとに、研究し、体系化してきた、“悩み"を解決する実践ノウハウを、図や帳票を交えながらわかりやすく解説。
すべての“人で悩む"飲食店経営者、幹部、店長のみなさんのお役に立つ1冊です。

2017年01月23日

<新刊案内&広告掲載>『伝わり方が劇的に変わる! しぐさの技術』

伝わり方が劇的に変わる! しぐさの技術
(荒木シゲル・著)

53641 しぐさの技術


読売新聞38 20170123


1月23日、読売新聞朝刊に広告掲載


◆言葉に頼りすぎていませんか?

一生懸命仕事していてもちゃんと評価してもらえない、
相手との意思疎通がうまくできない、
プレゼンで必要以上に緊張してしまう、
面接でいつも落とされてしまう…。
そんなときは、言葉(バーバル)に原因があるとは限りません。

容姿、声、表情、受け答えのタイミング、会話のおもしろさ、知識、服装、ジェスチャー…
人の印象はさまざまな要素がありますが、自分の考えや感情を的確に表現できなければ、
相手に誤った印象を与えてしまいます。
そういった誤解を生み出さないためには、自分のカラダをイメージ通りにコントロールする能力が必要です。

本書では、

◎自分の思い通りに伝える「身体コントロール」
◎相手との力関係を左右する「ステイタス・コントロール」

など、言葉に頼らず、状況にマッチした「質の高い立ち居ふるまい」をする「ノンバーバル(非言語)コミュニケーション」の実践ノウハウを、
元プロ・パントマイムアーティストで研修講師の著者が教えます。

◆会話+アクションのテクニック「ステイタス・コントロール」とは?

さらに、自分の置かれた状況や人間関係にマッチしたしぐさやふるまいで、
相手の信頼を獲得する「ステイタス・コントロール」のテクニックを初公開。
ステイタスとは、外見や職業、しぐさ、その他の状況が絡み合って決まるもの。
人に命令したり、自信を持った言動はステイタスが高く、
謝ったり、相手に同調したり、優柔不断な言動はステイタスが低いと言えます。

本書では、コミュニケーションの優劣を決める6つのステイタス・コントロールを紹介。

【1】 ステイタスを上げて、信頼を勝ち取るテクニック
【2】 ステイタスを下げて、「気がきく人」をアピールするテクニック
【3】 ステイタスを大きく変化させて、インパクトを与えるテクニック
【4】 ステイタスのシーソーゲームで、相手のふところに入るテクニック
【5】 ステイタスの磁石の効果で、トラブルを回避するテクニック
【6】 ステイタスを競い合って、相手の興味を引き寄せるテクニック

さまざまな場面で、自分の「身体」と「感情」をイメージ通りに操る
「ノンバーバル・スキル」が身につく1冊です

プレゼン、商談、交渉、面接…人と対面してのコミュニケーションは、その瞬間瞬間が勝負。
いくらメールやSNSが普及しても、それに変わりはありません。
誰もがデジタル・コミュニケーションに頼る今だからこそ、人に差をつける絶好のチャンスです



Twitter プロフィール
同文舘出版の公式アカウントです。
月別アーカイブ
神保町のお天気