DOBOOKS公式ブログ 同文舘出版

新刊案内

2018年11月14日

【広告掲載】11/14 日経新聞 朝刊1面

11/14の日本経済新聞 朝刊に新刊の広告を掲載いたしました。

DSC_1213



お金は少ないほうがうまくいく!損する起業・得する起業』(谷口雅和 著)

起業で成功した多くの経営者を見て、著者が分かった「お金は少ないほうがうまくいく」という不思議なこと。起業家が身につけるべきメンタルと、知ると得するテクニックに、起業を考えている方は必読の価値あり。

54021得する起業



起業家・フリーランスのための「ブログ・SNS集客」のキホン』(今城裕実 著)

Webの各媒体の特性を知ったうえで、活用する具体策を解説。起業家・フリーランスに欠かせない、仕事につながる「情報発信」のコツが満載の一冊。重版出来!

54014_SNS集客


dobooks at 10:18|この記事のURLComments(0)

2018年11月01日

これから起業する人、必読の新刊!『お金は少ないほうがうまくいく! 損する起業・得する起業』

本日も新刊・アマゾンキャンペーンのご案内です




起業家に必要なものは、「資金」ではありません!
ズバリ、「お金の勘定と感情のスキル」です!

起業家の悩みNo.1は「お金」のことと言われています。

「お金がないけど起業したい」
「個人事業と法人、どっちが得?」
「節税ってどうやるの?」
「誰でも融資を受けられる?」
「儲かるか心配・・・」

このようにお金の悩みの分野は多岐にわたっています。
それぞれの専門家がいるほどの悩み事。
それを一気に解決してくれるのが本書です。

起業家が知りたい基本的なことから、裏ワザ的なノウハウまで。
そして、お金に対するマインドの持ち方も。
起業家にとって「備えあればうれいなし」的な本になりました。

◎◎目次◎◎
1章 損得勘定は「情報を知るか、知らないか」で決まる
 経済的成功をもたらす損得勘定/サラリーマンが起業する時に陥るワナ ほか
2章 なぜ、お金は少ないほうがうまくいく?
 貯金がある人のほうが起業後に不安になるジレンマ/
 失う不安は2倍大きい!?ノーベル賞の「プロスペクト理論」 ほか
3章 起業の損得は「準備」からすでにはじまっている
 サラリーマン時代の税金は取り戻せる! /
 創業前が条件! 知られていない様々な起業の補助金 ほか
4章 「個人事業開業」と「法人設立」の損得勘定
 これを無視すると損得逆転! 社会保険負担/
 「個人事業か法人」ではなく「個人事業と法人」という節約方法 ほか
5章 資金は借りたほうがいい? 借りないほうがいい?
 「運転資金」と「設備資金」の違いは何か?/
 融資で「これだけは押さえる! 」という決定的なポイント ほか
6章 起業したら早めに知っておきたい「損得勘定」
 最大の節税は「自分の給与をいくらにするか?」で決まる/
 赤字には「よい赤字」と「悪い赤字」がある ほか
7章 一度身につけたら一生使える! 起業を成功させる「お金のスキル」
 ちょっとした判断が命取り! 「儲け」のトリック/
 収入源をいくつか持つ――キャッシュミックス ほか
8章 起業3年目までに大きく差がつくのは損得「感情」
 「代金」という相対的価値 ――稼ぎ方のスキル/
 成長のブレーキはメンタルブロック――あなたのお金の履歴書 ほか



そして、本日より著者の谷口雅和氏がキャンペーンを行なっております!


2018年11月1日(木) 0:00〜11月5日(月) 23:59まで

特典 購入者限定プレゼント
『起業支援税理士が語る!成功するお金の「勘定」と「感情」の法則』の抜粋動画
​<4つすべて>プレゼント

感情編
 「自分」というオンリーワン
感情編
 「お金で幸せが買える」と思う人の恐怖感
勘定編
 起業は法人か個人事業かどちらが有利か?
勘定編
 融資Q&A


詳細・お申込みはこちら
https://www.kigyomoney.com/


起業をお考えのみな様、もちろん、起業した方でも、
ぜひ、ご参考にしてください


dobooks at 10:12|この記事のURLComments(0)

2018年10月25日

【広告掲載】10/23 日経新聞 朝刊1面

10/23の日本経済新聞 朝刊に新刊の広告を掲載いたしました。

日経20181023



ダイレクト・リクルーティング -新しい採用の常識-』(高山奨史・新倉竜也 著)

求人ポータルサイトや人材紹介会社などを介しての採用から、企業が求職者に直接アプローチして採用する時代へ――。エントリーから就業開始まで採用の最新ノウハウを徹底解説。

53791リクルーティング



部下を育てるPDCA 面談』(吉田繁夫、吉岡太郎 著)

1万件を超える日本のビジネスパーソンの圧倒的「言動データ」をベースにした、面談の理論と実践を人材育成のプロフェッショナルが体系的に解説。

540416_PDCA面談

dobooks at 09:31|この記事のURLComments(0)

2018年10月22日

10/22-24キャンペーン開催中!「中古住宅+ リノベーション」で自分好みのマイホームをつくろう!

【新刊】



【内容】
脱・賃貸! 年収300万円台でも無理なくマイホームを買える新常識を大公開
「中古住宅+ リノベーション」で自分好みのマイホームをつくろう!

・「負債になる家」と「貯蓄になる家」がある
・中古住宅購入に失敗が多い理由
・リフォームする場所人気ランキング
・自分に合った予算を決める「資金計画シート」
・買う前に知りたい住宅の構造と工法
・不動産業とリフォーム業のスピードのギャップを知る
・中古住宅でローン控除を受ける裏技
・買ってはいけない物件を見分けるコツ
・購入の手順・タイミングが成功のカギ

不動産・リフォーム会社の現役社長が
「失敗しない」家づくりのコツをすべて教えます!


----------------------

著者の美馬功之介さんがアマゾンキャンペーンを開催しています


10月22日(月)5:00から
10月24日(水)23:59まで

特典その1
必見!賃貸VS住宅購入 徹底解説動画

特典その2
知らないと損をする!? 資産としての不動産

特典その3
住宅購入。今聞きたい!あなたのお悩みズバット解説!
メールコンサルティングチケット

特典その4
人生を豊かに!成功に導く本


キャンペーンサイトはこちら


そろそろ住宅購入をお考えのみな様に、
知識として知っておいていただきたいこと満載です。
高い買い物だからこそ、買う側の勉強が肝です。
ぜひ、ご一読ください。

dobooks at 10:29|この記事のURLComments(0)

2018年09月25日

【広告掲載】読売新聞朝刊1面

9/23(一部地域は9/24)の読売新聞朝刊に新刊の広告を掲載いたしました。

読売新聞20180923


スピーチ・プレゼン・研修・セミナー・講演 人前で30分話すためのプロの実践テクニック』(麻生けんたろう・著)

聴衆がググっと前のめりになる構成の考え方、話の盛り上げ方など、プロの技術が身につく1冊!

54015人前で30分



起業家・フリーランスのための「ブログ・SNS集客」のキホン』(今城裕実・著)

お客様から選ばれる起業家・フリーランスになるための「読む価値のある情報を、高い頻度で発信する」ノウハウ!

54014_SNS集客



愛されてしっかり稼ぐ! セルフブランディング起業術』(飯沼暢子・著)

「幸せな起業家人生を手に入れるカギ=セルフブランディング」の教科書!

50142_セルフブランディング

dobooks at 10:29|この記事のURLComments(0)

2018年09月12日

販売員を応援する本『「販売は楽しい! 」を実感する 売れる販売員の新しい習慣』

「モノが売れない時代」と言われてる昨今。

経営者も商品企画者も、「売りたい!」と頭を悩ませているでしょう。

でも、実際にエンドユーザーであるお客様と接して話して、
毎日「売る」ということを考えているのは、
お店に立つ販売員です。


「もっと売りたい」という気持ち、
でも「押し売りしたくない」という気持ち。

「ノルマが足りない」と焦れば焦るほど、
お客様がそっけなく帰ってしまう。

いろいろな思いや葛藤の中で、
販売という仕事をしています。


でも、本当は「販売が好き」「人と接するのが好き」
「このブランドが好き」「洋服(商品)が好き」で始めた
販売の仕事かもしれません。

本当はもっと頑張りたい、売りたいと思っているのに、
「自分の接客がマンネリしてきてるな」
「お客様が買うことに渋くなってきてるな」
「やる気のない新人に引っ張られてモチベーション下がり気味」
という状態に陥っている人が多いのが“今”の販売の現状です。


そこで、そんな販売員を応援する1冊があります!

53981販売は楽しい
『「販売は楽しい! 」を実感する 売れる販売員の新しい習慣』
(柴田昌孝 著)


学生時代のメンズカジュアル店のバイトから始まり、
呉服店でトップセールス、
そして地元富山で家業の洋装店を継ぎ、10年で42店舗の
経営者となっても店頭に立ち続けた著者の、
実体験に基づく書籍です。

「モノが売れない時代こそ『販売員』の時代」

と言い切る著者の販売哲学が満載です。


すべてのノウハウは、著者の事例から編み出されたものなので、
リアルに感じられるものばかり。

-------------

「売れない」という意識を捨て、
販売にもっと誇りを持とう!
販売の結果は、
あなたの考えた以上にはなりません。

-------------

売上を追うと、売上が逃げる。
売上とは、
お客様を幸せにする、
お客様のお役に立つことの
副産物です。

-------------


こんな時代だからこそ、販売のやりがいと楽しさを手に入れたいと思ったら、
ぜひ一度手に取ってみてください!

【目次】
1章 「販売を楽しむ」の本当の意味
2章 大切なことはすべてお客様が教えてくれる
3章 お客様との距離を縮める販売員のルール
4章 「売る」を肯定すれば、販売はもっと楽しい!
5章 販売は、販売員の考えた以上にはならない
6章 「自分と向き合う」販売の仕事に誇りを持とう!



著者柴田さんの新しいホームページができました!
ネサンス・コミュニケーションズ・クラブ
http://www.naissance-c.club/

そして、こちらが面白い。おすすめです。
ブログ:柴田昌孝の『販売道 即 人道』
https://ameblo.jp/shibamasa0119/
dobooks at 10:30|この記事のURLComments(0)

2018年06月29日

【広告掲載】お客様の五感を刺激する! 飲食店の繁盛アイデア77


6月29日「日経MJ」に、
お客様の五感を刺激する! 飲食店の繁盛アイデア77(湖一義・著)
の半5段広告を出稿しました。

日経MJ20180629-1



競争が厳しい飲食業界。好立地や安売りに頼らずに、集客・業績アップを生み出す「五感刺激」のアイデア満載の1冊です!


54002 五感刺激


◆繁盛の決め手は、お客様を“錯覚”させること!

今の時代、安いだけのお店、胃袋を満たすだけのお店では、本当に強いお店とは言えません。これからの時代の、リピーターであふれる圧倒的繁盛店とは、「お客様が興奮する楽しいお店」です。
「お客様が興奮する楽しいお店」は、お客様の「五感=視覚、聴覚、嗅覚、味覚、皮膚感覚」を刺激することで実現できます。人間も動物ですから、五感が刺激されると、印象に残るのです。
オープンキッチンで調理実演を目の前で実施し、調理の音や匂いも同時に刺激する。商品はボリューム感・色彩感があって、器を触れば冷えている。そして、食べるとパンチの効いた濃厚な味…。
本書では、鮮度感・本物感・ボリューム感・シズル感を訴求する「五感刺激マーケティング」の具体策を、図解・写真と共に紹介。お客様が思わずクチコミ・SNS投稿したくなるヒントがたくさん!

【中途半端にやっても意味がない!】
×シズル商品を取り入れただけ
×オープンキッチンなのに手元が見えていない
×五感刺激の接客ができるスタッフを育てていない

【今すぐ、0円からでもできる!】
〇焼き台は炎が見えるようにする
〇手書きメニューで鮮度を伝える
〇お客様の目の前で最終仕上げをする
dobooks at 14:59|この記事のURLComments(0)

2018年05月24日

6月14日【梅田 蔦屋書店でイベント】   「今日からできる 人間関係すっきり! バウンダリー習慣〜あなたの感情感染度合いをチェック!」


「どうして、この人ってこんな言い方しかできないんだろう…」
「なんだか、いつも自分ばかり損してる気がする…」
人間関係でそんなモヤモヤを感じること、ときにあったりしませんか?

相手のココロも、自分のココロも
目には見えないもの。
それだけに、取り扱いにはコツが要るものです。

さて、ココロのお疲れが溜まりがちなこの時期にお勧めのイベントのご案内です。

53921

人間関係 バウンダリーの上手な引き方』著者おのころ心平氏によるセミナー・ワークショップ
「今日からできる 人間関係すっきり! バウンダリー習慣〜あなたの感情感染度合いをチェック!」
を開催いたします。

参加することで、こんなことがわかります。
☑ あなたはどのくらい感情感染を受けやすいか?
☑ バウンダリー・オーバーとはいったい何か?
☑ 悲しみ感染タイプ? イライラ感染タイプ? 不安感染タイプ?
☑ バウンダリー・オーバーを防ぐための口ぐせ・しぐさ
☑ 心地よい人間関係とは? など

「感情感染チェック」を体験していただくことで、
自分の意外な一面に気づくかもしれません。

場所:梅田 蔦屋書店 4thラウンジ
会期:2018年6月14日(木)
時間:19:00〜21:00(開場 18:30)
参加費:チケット 1,500円(税込)

お申し込み方法など詳細はこちら

特に関西にお住まいの方、要チェックです!

dobooks at 19:24|この記事のURLComments(0)

2018年04月12日

【新刊】『人間関係 境界線(バウンダリー)の上手な引き方』

新緑がまぶしい季節ですね。
進学や就職、引っ越し、異動――新しい出会いがうまれる時期。
ワクワクする季節である一方、少し、緊張を伴う季節でもあるかもしれません。

特に人見知りさん・人づきあいに苦手意識を持つ方にとっては、気持ちが重くなる場面もあったり…?


基本的にいい人なんだけど。。。
悪気がないのはわかってるんだけど。。。
すごーく嫌なわけじゃないんだけど。。。

なぜか、この人と会うとモヤっとする。
そんな思いを抱くことって、
誰でもときたまあるんじゃないでしょうか。


さて。
「四苦八苦」という言葉が仏教用語であることをご存じでしょうか?
「八苦」、八つの苦しみのひとつに、「怨憎会苦」(おんぞうえく)という苦があります。

怨み憎んでいる者に会うこと(wikipedia

八苦のひとつにあげられるくらいですから、
人間関係の苦しみは、昔から人を悩ませてきた、永遠の課題といえるのかもしれません。

53921


4/11発売の新刊
人間関係 境界線(バウンダリー)の上手な引き方』(おのころ心平著)には、
次のように書かれています。

----------------------
私は「ココロとカラダのカウンセラー」として、
24年の間に2万4000件以上のカウンセリングをしてきました。
クライアントさんは主に病気を抱える方が多かったのですが、
長年のカウンセリング経験から言えることは、
病気の背景には、たいてい人間関係の問題が隠されているということです。
パートナーや親、子供など、本当にわかってほしい人に自分を理解してもらえない悲しみやさみしさ。
職場の人との対立や友人に嫌われることを恐れて抑え込んできた、不満やいらだちなど……。
そんなストレスが溜まりに溜まった結果、カラダの症状となって表われるケースにたくさん関わってきました。
----------------------

そこで、本書でご提案するのが「バウンダリー」という考え方です。

----------------------
バウンダリーとは心理学の用語で、自分と他人の間にある境界線のこと。
目に見えない人間関係の中で、
「ここからここまでは自分の領域、そこから先はあなたの領域」
ときちんと線引きしていく方法です。

私たちは往々にして、つい相手の意図を優先し、「自分が我慢すれば済むこと」と、
相手からのココロの侵入を許したままにしてしまいがちです。
そうして本来あるべき、自分と相手との境界線をあいまいにしてしまうのです。

でも、はっきりと自分の意見を、と言われても、
個性の強い相手に意思表示する勇気が出ないのも、それは自然なことです。
だから、ご提案です。
そういう相手には「サブリミナル」なバウンダリーを引いていきましょう。
相手にそうとは気づかれないように、しかし、やがては確実な境界線を引いてしまう。
「ここは私の領域なので入ってはいけません」という暗黙のルールを構築してしまうのです。
人間関係をスムーズに心地よいものにしていくには、
この「バウンダリー」というスキルがとても重要になります。
誰にも抑圧されず、といって決して孤立するわけでもない、お互いにとって快適で
ベストな人間関係のあり方。
それを本書で、しっかりと身につけていただきたいと思います。
----------------------

人間関係に苦しさを感じている方、
軽やかなおつき合いの仕方を身につけたい方、
ぜひ
人間関係 境界線(バウンダリー)の上手な引き方』(おのころ心平著)
をご一読ください。

4/11〜14まで、Amazonキャンペーンを開催中です。

おのころ心平さんのブログはこちら
本書の一部を公開中です!
ちょっと「嫌味な人」の心理考察
「上から目線で話す人」の心理考察
なにかと「はり合ってくる人」の心理考察
「悲観的で心配ばかりしている人」の心理考察
「イライラを伝染させる人」の心理考察
dobooks at 13:33|この記事のURLComments(0)

2018年03月30日

3/30「日経MJ」広告掲載のお知らせ


3月30日(金)日経MJの朝刊2面に広告を掲載いたしました。

今こそ見直すべき、商売で一番大切なこと――店舗型も無店舗型も、都市でも地方でも、モノを売るビジネスに携わるすべての人におすすめの1冊です!

日経MJ_20180330


---------------------------------------------------------------------------

モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
(佐藤勝人・著)

53961_繁盛のつくり方

ターゲットを絞り込め?
そんなのは、大手の戦略だ。
ローカルチェーンは大手チェーンのなれの果てなんかじゃない。
中小店だからこそ勝てる売り方があるし、地域にはまだまだ売るべきお客様がいる!

品揃え、売り場づくり、接客、人財育成……
栃木県内に17店舗を展開し、県内のカメラ・レンズ・写真の消費量が他県の3倍・全国1位を達成。
さらには中国進出も果たしたリピート率80%超の地域一番店「サトーカメラ」が実践している「顧客一体化戦略」のノウハウを初公開。
これが本当の地域密着だ!

---------------------------------------------------------------------------
dobooks at 11:18|この記事のURLComments(0)
Twitter プロフィール
同文舘出版の公式アカウントです。
月別アーカイブ
神保町のお天気