DOBOOKS公式ブログ 同文舘出版

2011年01月21日

出版会議WEEEEEK!!

不覚にも風邪菌にやられたT川です。
油断していたつもりはないのに・・・。くやしい・・・
みなさんも、くれぐれもお気をつけください。

さて、明日の東京を皮切りに、今月末から来月上旬にかけて出版会議が続きます。
東京は明日になってしまいましたので、それ以降をアナウンスいたします。


【大阪】
1月29日(土)10:30~
場所:経営コンサルティングアソシエーション

これまで1500社以上の企業を支援されてきた
経営コンサルタントの雄、宮内亨先生が、
著者の内側まで食い込んで企画を引っ張り上げてくださいます。
同文舘の出版会議のベースともいえる熱い熱い会議です。


【宇都宮】
2月1日(火)13:00~
場所:サトーカメラ本店2F

開催してから2年半経つこちらの会議からも
ここ1年の間に続々出版されています。しかも重版されるヒットばかり。
サトーカメラ専務で日本販売促進研究所の佐藤勝人氏
的確に、ばっさりと、そして温かく企画をまとめてくださいます。


【名古屋】
2月12日(土)13:00~
場所:ウインクあいち 1310会議室

こちらは今回が第二回目。
オンリーワンの“売り”を見つけるコンサルタント加藤洋一氏
司会進行してくださいます。
始まったばかりの会議ですが、東海地方の商売人魂に触れることができます。
(そんな気がしたのは私だけでしょうか)
加藤氏のサイトによると、「満員御礼」になってますが・・・。そんなに人数集まったんだ!


出版企画をお持ちの方、
出版を目指している方、
出版をしたいけど企画の立て方がわからない方、
などなど、
ビジネス書出版にご興味のある方ならどなたでも
ご参加いただけます。
(人数オーバーの場合は調整させていただきます)

ご参加希望の方は、弊社ビジネス書編集部:津川まで
tsugawa@dobunkan.co.jp


われわれ編集部も真剣勝負です。
こちらは出版が本業。
いかに読者が求めている本にするか、
つまり、売れる本にしなくてはいけないのです。
読者が満足する本を作って、それがたくさん売れること。
それが読者も著者も出版社も納得する結果です。

出版会議では、脳みそを絞りに絞って、
ベストな方向に進めていきます!

出版会議前は、いつも気合い十分です!喝!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Benedict   2014年08月01日 04:01
I am so happy to read this. This is the type of manual that needs to be given and not the random misinformation that’s at the other blogs. Appreciate your sharing this greatest doc.
2. Posted by mini luggage celine   2014年08月30日 16:43
Dieu f茅vrier 2013Thank c'est F茅vrier! Janvier a 茅t茅 tellement longtemps, occup茅 et le type de d茅primant. La plupart du temps, j'茅tais ? aider la m猫re de ma m猫re, parce que papa 茅tait sur deux semaines de r茅habilitation pour son 茅paule. Je suis tomb茅 malade, mon ami est tomb茅 malade, ma m猫re est tomb茅e malade, nous 茅tions tous malades! Nous avons pris soin de nous ? peine LOL. Et j'avais affaire ? des pens茅es sombres qui ne voulait tout simplement pas s'en aller. C'en 茅tait trop pour moi, j'ai rat茅 mon p猫re, je devais prendre soin de everyting, j'茅tais inquiet pour la maman et son petit ami, la grippe n'a pas 茅t茅 facile sur eux. Et ces soucis qui me Cought, 茅taient sacr茅ment ils m茅chant. Maintenant, je me sens mieux, plus positive et fid猫le. Vous ne savez jamais ce que la vie va vous apporter, donc c'est idiot de penser ? tous les 芦si禄 pour l'avenir. Les gens qui vous aime ne vous laisseront jamais, peu importe ce que (et je ne parle pas tricher par "quel que soit" bien s没r). Ma grande crainte, c'est que je vais ?tre seul, ? un certain moment serait mon copain me laisser (si quelque chose serait pas avec moi

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Twitter プロフィール
同文舘出版の公式アカウントです。
月別アーカイブ
神保町のお天気